フェス初心者の館

初めてフェスやライブに参戦する人も安心!人気アーティストのフェス定番曲対策をご紹介しています!

【独り言】車椅子の人が地下鉄に乗るときに現れる駅員さんの存在とバリアフリーについて考えてみた

.

奥さんと買いものをする為に街へ出かけていたある日の事。

地下鉄のホームで次の便を待っていたとき、

奥さんが何気なく放った一言。

 

「車椅子の人が地下鉄に乗るときって駅員さんが渡り板を持ってきてくれるから安心して乗れるんだね」

 

確かにその通りだと思う。

 

おそらく日本中の多くの駅にはエレベーターがあったりバリアフリー化が進んでいるのかな?

車椅子の方でも利用しやすいようになっていますよね。

(階段が無いような小さい駅は除き)

 

もしくは改修工事が進んでいたりして、新しくエレベーターを作っているような光景も時々目にしますよね。

 

乗る駅と降りる駅の駅員さんが連携を取って、渡り板を持ってきてホームで待ち構えて準備をし、スムーズに乗車が出来るように配慮をしてくれている。

必要であればサポートもしてくれる、から安心して乗車が出来る。

 

そうなんだけど、逆に言えば、わざわざ乗車することを伝えて、板を持ってきてもらって、降りる駅でも待ち構えていてもらわないと乗ることが出来ない、ということ。

 

それってとても面倒くさいし、本人にとっては自由とはいえないような気もするなぁ。

 

 

札幌市交通局のHPを見てみると、1人での乗車が難しい場合にはサポートする旨の記載が。

もちろん、このサポートに助けられる人が居ることはきっと事実ですよね。

 

ただ、私が地下鉄に乗って出かけるときに、わざわざ駅員さんに声を掛けなければならず、降りる先でも待ち構えていてもらわなければいけないのだとすると、とても不便に感じると思うし、出かけるのも面倒臭くなるんじゃないかなって。

とてもじゃないけど乗り換えなんて出来ないよなぁ。。

 

そういった生活が小さいときから当たり前になっている何も思わないのかもしれないけれど。

 

 いわゆる"合理的配慮"としては現状が限界な感じなんでしょうかね~。

 

奥さんの放った何気ない一言から、本当の意味でのバリアフリーとはなんなのだろう、なんて思った一コマでした。。。

 

※ときどき車椅子をとても器用に乗りこなして、1人で乗車されている方もいらっしゃいますね!ウィリーっていうのかな?