フェス予習部

初めてフェスやライブに参戦する人も安心!人気アーティストのフェス定番曲対策をご紹介しています!

【go!go!vanillas】2019年のライブ&フェス定番曲セットリストを予習しよう【おすすめバンド】

.

f:id:sennoseni:20190703012131j:image

 

go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)ってどんなバンド?

通称「バニラズ」。ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当するボーカルの牧達弥、ベースの長谷川プリティ敬祐、ドラムのジェットセイヤ、ギター&コーラスの柳沢進太郎の4人で構成されたバンドです。

柳沢さん以外の3人は結成当時からのオリジナルメンバーであり、全員が同い年である。元々のギターが脱退したことにより、2015年の夏にリリースされた「カウンターアクション」からは柳沢さんが新加入。柳沢さんは他のメンバーの3人よりも3歳年齢が若いが、遠慮することなく自分の考えはしっかりと発信するメンバーである。最近は本人がボーカルを担当する楽曲や作詞・作曲をする楽曲も増えている。

 

メンバーが大事故に巻き込まれて重症?

2018年の12月にベースのプリティが東京都内で大型車輌と接触し、緊急搬送。命に別状は無いものの2019年7月現在も活動を休止しており、リハビリが続いている模様。サポートメンバーをいれてのライブを余儀なくされているが、一部ライブでは親交のあるバンド「THE ORAL CIGARETTES」のベース担当あきらかにあきら氏がサポートを行った。

現在、秋からのツアーは4人での活動再開を目標に掲げ、リハビリに励んでいるとのこと。

 

バニラズを初めて見る人でも大丈夫!これだけは押さえておきたい人気曲5選

①エマ


go!go!vanillas / エマ (MUSIC VIDEO)

アルバム「Magic Number」収録。初期の楽曲ではあるものの、現在もライブの定番曲となっており、ファンからの人気も高い1曲。フェスでも幕開けの1曲目に選ばれることも多く、イントロが演奏された瞬間から盛り上がります。イントロ明けの「ワン、トゥー、スリー!」とサビの「ウォッ!ウォッ!ウォッ!ウォー!」は大きい声で叫ぶ重要ポイントです。乗り遅れないようにタイミングをしっかり覚えておきましょう。ここの盛り上がりがこの後の盛り上がりにも繋がっていきます。

 

 

②SUMMER BREEZE


go!go!vanillas - SUMMER BREEZE Music Video

最新アルバム「THE WORLD」収録。昨年の初夏にシングルとしてリリースして以来、夏フェスでは欠かせない重要な楽曲になっています。タイトルの通り、爽やかで明るいアップチューンなのでこちらもライブやフェスで盛り上がります。

 

③No.999


go!go!vanillas - No.999 Music Video

最新アルバム「THE WORLD」収録。2019年1月にリリースされた最新シングルでもあるため、今年は披露の場所が多いと思われます。そもそも楽曲自体が勢いのあるロックチューンなのでライブ映えもしますし、メインボーカルの牧さんはもちろん、コーラスの柳沢さんがボーカルをとる箇所も複数あり、その入れ替わりのスピード感がライブでも楽しめる重要ポイントです。サビ頭の「デスから デスから・・・」はオーディエンスで叫んで盛り上がりましょう。

 

④平成ペイン


go!go!vanillas - 平成ペイン Music Video

アルバム「FOOLs」収録。2年前の初夏にリリースされ、こちらもしばらくフェスやライブでの定番曲になっていましたが、平成から令和に時代が切り変わったこのタイミングでは再び重要な楽曲になっています。平成の終わり~新元号の幕開けが楽曲のテーマになっているため、来年以降演奏される保障がありません。この時期に演奏される意味を考えたら思う存分に楽しまないと損な気がします。MVの通り、ダンスチューンでもあるのでノリノリでいきましょう。

 

⑤パラノーマルワンダーワールド


go!go!vanillas - 「パラノーマルワンダーワールド」 Music Video

最新アルバム「THE WORLD」収録。こちらも最新アルバムからです。リード楽曲でもあるためフェスでの披露の可能性も高いと思います。歌詞の世界観はとても深く、色んなことを比喩で例えて綴られた、どちらかというと間接的で抽象的な歌詞。人生とか人間とか愛とかそんな深いテーマを歌っていて。でもそれはもしかすると最新アルバム「THE WORLD」全体を通して表現したいテーマなのかもしれませんが、この楽曲内のフレーズ「人間賛歌」という言葉がぴったりハマっているような気がします。(彼らのインディーズ時代の楽曲に「人間賛歌」という作品もあります。)

是非是非、生でこの楽曲を聴くときにはそんな世界観を味わいながら楽しめるように、MVや歌詞はチェックしておいてほしいなと思います。

 

 

 

余裕があればチェックしておきたい人気曲

ステージによって披露する楽曲もさまざま。知っている楽曲が多いほうがやっぱりライブを楽しめる可能性も上がります!余裕があれば是非覚えておきたい楽曲もご紹介。

 

①マジック


go!go!vanillas - マジック Music Video / YouTube ver.

「エマ」同様、こちらもライブやフェスでは欠かせない盛り上がる楽曲です。最新アルバムからの披露曲が増えていることもあり最近は披露の機会が減っている(?!)気もしますが、ライブで聴けたら絶対楽しいこと間違いなし!

 

②カウンターアクション


go!go!vanillas - カウンターアクション Music Video

こちらもライブでは定番のキラーチューン。イントロが聞こえた瞬間にオーディエンス全体が興奮しちゃうような大盛り上がりのナンバーです。サビの「ウォッ!ウォー!」の部分は大きな声で叫びましょう。間奏明けの1回目のサビ終わり~2回目のサビに入る手前に入る「ワン!ツー!!」の掛け声は絶対に外せない、この楽曲の最重要ポイントです!タイミングを間違えないように、忘れないように、しっかりと押さえておきましょう。

 

③おはようカルチャー


go!go!vanillas - おはようカルチャー Music Video

最近のバニラズのライブでは定番となっている、会場が一体となってシンガロングする楽曲。主にライブの終盤に披露されることが多く、オーディエンス全体でコーラスを行って1つの作品として完成する楽曲。牧さんが低音パート、柳沢さんが高音パートを担当しており、主に男性のオーディエンスが牧さんパート、女性が柳沢さんパートを歌うことが多い。去年まではフェスではかなりの頻度で演っていたように思いますが、最近のセットリストの傾向からすると、一旦そのフェーズは終わったようにも思います。今は「THE WORLD」の世界観を大切にしたい意向もあるでしょうし、今年のフェスでの披露の可能性は低いかもしれません。

 

④デッドマンズチェイス

アルバム「Kameleon Lights」収録。メンバー全員がボーカルをとる、まさにライブならでは!といった定番ナンバー。ただし、ライブにおいてのこの楽曲の醍醐味は4人全員で歌うことにあると思うので、プリティ不在の今年の夏フェスでは披露されることは無いかもしれません。楽しい楽曲ですし、プリティが復活する予定の秋からのツアーでは披露の可能性もありますので、期待を込めて予習しておいてほしいところ。

 

 

⑤アクロス ザ ユニバーシティ


go!go!vanillas / アクロス ザ ユニバーシティ (MUSIC VIDEO)

アルバム「SHAKE」収録。インディーズ時代の定番曲ですが、現在もライブツアーあどを中心に披露される機会が多々あります!今年の夏フェスはどうしても最新アルバム中心のセットリストになるでしょうから披露の可能性は少ないかもしれませんが、こちらもライブの人気曲なので余裕があればチェックしておきましょう。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE WORLD (完全限定生産盤 CD+DVD) [ go!go!vanillas ]
価格:3089円(税込、送料無料) (2019/7/3時点)

楽天で購入

 

先日リリースされた最新アルバム「THE WORLD」のチェックももちろんマストです!

アルバムリリース直後に夏フェス出演がぞくぞく続くことを考えると、2019年のフェスはこのアルバムの収録曲中心のセットリストになるはずです。

 すでに「チェンジユアワールド」や「Do you wanna」はフェスでも披露されており、まさに評判上々!!

 

今作を通して新しいフェーズに突入している、今のバニラズをしっかりと味わってください。

 

 

ABOUT-この記事を書いた人-

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sennoseni/20190721/20190721030814.jpg?1514479692?changed=1514479692

せんの(id:sennnoseni)

音楽・ライブ・フェス・ドラマ・映画・スイーツとか色々好きなアラサー男子。

昼はせっせと仕事して、夜はごそごそブログ書いてます。夜行性。

ドラマ男子。

⇒おすすめドラマを紹介している姉妹ブログです。