フェス予習部

初めてフェスやライブに参戦する人も安心!人気アーティストのフェス定番曲対策をご紹介しています!

【ALEXANDROS(ドロス)】初めての人も100%楽しめる!2019年のライブ&フェス定番曲セットリストを予習しよう!【おすすめバンド】

.

f:id:sennoseni:20190727195414j:image

[ALEXANDROS](アレキサンドロス)ってどんなバンド?

通称「ドロス」。極まれに「アレキ」と呼ばれることも。

ほぼ全ての楽曲の作詞・作曲を担当するシリア育ちの帰国子女、ボーカル&ギターの川上洋平、同じくアメリカ育ちの帰国子女、ベースの磯部寛之、ギターの白井眞輝、ドラムの庄村聡泰の4人で構成されるバンドです。以前は[Champagne](シャンペイン)という名前のバンドで活動していましたが、「シャンパーニュ地方」の名称と紛らわしい云々といった大人の事情により改名を余儀なくされ、2014年に[Alexandoros]という名に。現在は表記を[ALEXANOROS]に改め活動中。

 

 

ZOZOマリンスタジアム公演の大成功にアジアツアーも!

2018年8月にはバンド至上最大規模となる千葉ZOZOマリンスタジアムでのライブを敢行。ファンから募ったリクエスト楽曲から構成された「最強のセトリ(本人達が公言)」によるステージを披露。3万5千人を動因し、大成功を収める。

 

2019年に6月~7月にはアジアツアーを開催。初となる上海公演・北京公演を含む全6公演を行う。

 

また、2019年7月5日にはデジタルシングル「月色ホライズン」をリリース。現在アクエリアスのCMソングとしてオンエア中の話題の楽曲です。先日、川上洋平が出演しているラジオ番組SOL(スクールオブロック)ではフル音源が解禁されました。

 

ドラムの庄村が活動休止

2019年4月、ドラムの庄村聡泰が疲労の蓄積による筋筋膜性腰痛症の診断を受けたと発表。一時の活動休止を経て、再開のアナウンスが公式に発表。しかし、腰痛とは別に「バスドラムがうまく踏めない」などの症状を訴え精密検査を受けたところ「局所性ジストニア」の診断が。2019年6月には治療に専念するため、しばらくの間はライブ活動を休止することを発表しました。当面の間はBIG MAMAのリアド偉武がサポートに入ることがアナウンス。

 

2019年秋の新ドラマ主題歌に決定!

10月スタート、NHK総合の新ドラマ「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」の主題歌に[ALEXANDROS]の新曲が決定しました!

ドラマについてはこちらをチェックしてください!

dramaboymovieboy.hatenablog.com

 

初めて見る人も大丈夫!これだけは覚えておきたい定番曲5選。

10年近く活動しているバンドなので、5曲に絞るのはとても難しいです。ですが、一般的には有名な曲が歌われる機会が多いのがフェスの特徴。最低限この5曲を覚えていけばきっと楽しめるはずです。

 

また、最近の[ALEXANDROS」のライブでは洋平さんがMCで必ずと言ってもいいほど言っているのが、ライブ中は自由に楽しんでいいんだよということ。

歌おうが叫ぼうが飛ぼうが、それぞれが自由に楽しんでほしいということをオーディエンスに伝えてくれます。ライブ中に一緒に歌ったら周囲の人に嫌な顔をされるかな~なんてことも考えず、歌いたければ好きに歌ってもいいよ、と。

 

そんなことも意識した上で、以下ご覧いただければと思います。

 

①ワタリドリ


[Alexandros] - ワタリドリ (MV)

アルバム「ALXD」収録。いわずと知れた代表曲ですね。

リリース後からしばらくはフェスなどでも1曲目に披露されることが多く、まさに定番曲になっていました。一時期はアコースティックで披露されることも。

CMでも使われ、フェスに興味を持つ人なら誰もが聞いたことがあるとも言える人気曲ですし、実際ライブではかなり盛り上がりますので演奏の可能性は高いと思われます。

ただ、現在の[ALEXANDROS]のモードは昨年リリースされたアルバムが中心になっていることもあり、あえて本編での演奏をしないパターンもある模様。

 

②Starrrrrrr


[Alexandros] / starrrrrrr feat. GEROCK

アアルバム「Do Me No Karate.」収録。こちらもドロスファンにはおなじみ、[Champagne]時代の名曲ですね。この曲でファンになったという方もたくさんいるのではないでしょうか。サビ前の「Yeah Yeah Yeah(ィエー!ィエー!ィエー!!)」の部分はオーディエンスの声を求められます!全力で叫びましょう。

この曲に限りませんが、「皆さん歌えますかー!!!」「一緒に歌いましょう」など、と洋平さんからの煽りが起こることも多く、一緒に歌えたら楽しいと思います。

 


③Kick & Spin


[Alexandros] - Kick&Spin (MV)

アルバム「Me No Do Karate.」収録。この曲もライブでは欠かせない定番曲になっていますね。ステージ前方のほうで楽しむファンはこの曲のサビを一緒に歌う人も多いです。また、Cメロ部分の重要ポイント「生~きて~いく~」の歌詞パートはオーディエンス全員で叫ぶのが定番です。

 

④Mosquito Bite


[ALEXANDROS] - Mosquito Bite (MV)

最新アルバム「Sleepless in Brooklyn」収録。本人達がこの楽曲の製作にはかなりの充実感を感じており、傑作とも話しています。音源がかっこいいのはもちろん、生で聴くとさらにこのバンドのかっこよさ・尖った一面を感じられる楽曲です。

楽曲の最後に、「Oh~」と洋平さんの叫びに続けてオーディエンスで叫ぶポイントがあります。メロディーをしっかり覚えておき、全力で叫びましょう。

 

⑤アルペジオ


[ALEXANDROS] - アルペジオ (MV)

最新アルバム「Sleepless in Brooklyn」収録。リード曲ということや、オーディエンス全体が一体となって歌えるポイントがあることから2019年のフェスでの披露の可能性は高いと思われます。歌い出しの「Oh~(オオオオーオ~)は全員で全力で歌う重要なポイントです。そんなに複雑なメロディーではないので、洋平さんの歌声にならって歌うことも出来ますが、初めての方は予めメロディーは確認しておきましょう。

 

 

 

余裕があればチェックしておきたい人気曲。

Waitress,Waitress


[Alexandros]- Waitress, Waitress! (MV)

アルバム「Schwarzenegger」収録。

これまでのライブやフェスでは欠かせない、定番になっている人気楽曲です。ドラムの音から始まる楽曲ですが、ドラムの音が聞こえた瞬間から「オイ!オイ!」と掛け声を叫ぶのが定番になっています。少しタイミングが難しいですが、覚えておくと楽しいと思います。サビの後半の歌詞「~pain,the bane,and draiin It's my pleasure  to be with you and you tonight」の韻を踏んでリズミカルな部分は一緒に歌う人が多いです。ただ英語の歌詞が曖昧だと思い切り叫べずに消化不良になりますので、しっかりと予習しておきたいところ。

 

ただ、2019年のフェスでは昨年リリースされたアルバム「Sleepless in Brooklyn」とそのツアーの流れを汲んでいることもあり、曲数的にこれまでの定番曲は外される可能性もあります。

 

明日、また


[Alexandros] - 明日、また (MV)

最新アルバム「Sleepless in Brooklyn」収録。

明るく爽やかな楽曲ですが、間奏部分に繰り返される印象的な歌詞「We are the light」というフレーズは、ドロスが出演する時間帯(トリを務めることも多いですし、最近はめっきり20時前後とかが多いですよね)にもなんだかぴったりと合うような感じもします。

 

Adventure


[Alexandros] - Adventure (MV)

アルバム「ALXD」収録。「ワタリドリ」同様、フェスでの定番曲です。最新アルバム曲が中心になることで曲数的に漏れる可能性があるかもしれませんが、かなりの確率で演奏されます。曲頭や曲中、曲の最後に繰り返す「wow~(ウォーオーオー!ウォーオーオー!ウォーオーオーオーオーオーオ~)のフレーズをオーディエンスが一体となってシンガロングするのが定番です。フェス規模のライブで、全員で大声で歌うのはとても気持ちがいいので、是非声が枯れるくらいに大きな声で歌って楽しんでください。

 

Dracula la


[Alexandros] - Dracula La (MV)

現在のツアーでも久しぶりに演奏しており、その流れで今年のフェスでの披露の可能性も高いと思われます。間奏部分の「ド・ラ・キュラ~」のところはMV同様オーディエンスで手拍子をするのが定番です。

Run Away


[Alexandros] - Run Away (MV)

ムーンソング


[Alexandros] - ムーンソング (MV)

Girl A


[Alexandros] - Girl A (MV)

city


[Alexandros] - city (MV)

 

絶対チェック!新曲「月色ホライズン」が名曲すぎる


[ALEXANDROS]-月色ホライズン(Teaser)

 

先日配信リリースされたばかりの新曲「月色ホライズン」が名曲であると早くもファンの間で話題になっています。こちらは今年の上半期よりアクエリアスのCMソングとしてすでにオンエアされていた楽曲。これまで公開されていたのはサビの1フレーズわずか数秒。川上洋平が本人のラジオSOLにてこちらの楽曲のフル音源を解禁。また、配信リリース後にSNSを中心に楽曲を絶賛する声が殺到していました。

現時点では配信限定でのリリースとなっています。いますぐチェックしましょう!

 

また、「月色ホライズン」のNew Version「月色ホライズン (chill out ver.)」も8月1日より配信限定リリースとなりました。


[ALEXANDROS] - 月色ホライズン (chill out ver.) (Official Audio)

  

こちらはなんとも涼しげなアレンジ。オリジナルver.では洋平さんのボーカルが前面に出ていて、全体的にロックサウンド全開になっているのに対し、chill out ver.は打ち込みを多様した 、まさにチルな雰囲気たっぷりな印象に。蔦谷好位置さんがプロデュースしていることでも話題に。

こちらの音源も現在はiTunesなどでの配信限定でのリリースとなっています。

 

すでにライブツアーでも披露されており、今年の夏フェスでの披露もまさに間違いなしな1曲。5月に同じく配信でリリース、映画ゴジラのテーマソングとして書き下ろされた楽曲「Pray」と共に要チェックしておきましょう。


[ALEXANDROS] - Pray (MV)

 

こちらも配信限定でのリリースです!

ABOUT-この記事を書いた人-

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sennoseni/20190721/20190721030814.jpg?1514479692?changed=1514479692

せんの(id:sennnoseni)

音楽・ライブ・フェス・ドラマ・映画・スイーツとか色々好きなアラサー男子。

昼はせっせと仕事して、夜はごそごそブログ書いてます。夜行性。

ドラマ男子。

⇒おすすめドラマを紹介している姉妹ブログです。